事業案内

お客さまのことを第一優先に考え、
お荷物を運ぶことで、単に喜ばれるだけではなく、
感動を与えられる輸送を目指します

  1. 24時間365日

    弊社は関西を拠点に、関東・九州・中四国・北陸・東北までの長距離輸送を、24時間365日フルタイムで、お客様一人一人のニーズにお応えするために、冷凍・冷蔵・ドライの宅配便を迅速・確実・丁寧・安全にお運びいたします

  2. 魅せるプロフェッショナル

    我々は、公共の道路をお借りして、商売をさせてもらっており社員教育は、ルール・マナーを守り、挨拶・笑顔・身だしなみ・言葉使いの徹底を行い常に、感謝の気持ちを持つ、プロドライバーを育成しています。

  3. NOと言わない現場力

    私たちの強みは、「ドライバーの現場力」です。お客様の立場に立って考えながら、まずはNOと言わない対応力を通じて、一緒に課題を見つけ出し解決策をご提示できる「現場力」。しかも課題解決への現場力は、お客様に対して圧倒的なスピードをもって、取り組み続けることで、同業他社の追従を許さない、お客様と共に持続的な成長を実現してまいります

  • 輸送・宅配・郵便・自動車部品・食品

    1998年から現在に至るまで、大手宅配企業の冷凍冷蔵・幹線輸送を担い安全優先・NOトラブル!をスローガンに全社員が取り組み、車両・商品・延着のNOトラブルを実現しております。

    輸配送ネットワークは、自社車両、さらには各地の協力物流会社のインフラを活用することで構築しております。《チルド・ドライ車両》10トン超の大型車から4トン・2トンクラスの小型車まで輸配送トラックのラインナップは充実。お客様の様々なニーズにお応えできます。

    業務の標準化や運用面の徹底した効率化を図り、業務プロセスを確立することで“最適な物流サービス品質”の追求を行っています。

  • 安全マネジメント

    「事故を起こさない職場づくり」を徹底。遵守事項・運行ルールの明確化で安全を確保。

    平成30年12月13日現在、安全性優良事業所は25,343事業所あり、これは全事業所数の29.6%にあたります。

    業務の安全を確保するため安全管理規程を設け、運輸安全マネジメントへの取り組みを推進しています。
    安全性優良事業所の証であるGマークの取得・維持を推進しています。さまざまな管理による取り組みを 進めることで、お客様から“安全性の高いパートナー”と選んでいただける事業所の運営を目指します。

    一般適性診断の受診

    適性診断測定システム

    ナスバネット設置しており、運行に従事する常時選任運転手は、入社時に初任適性診断を受診します。
    その後1年ごとに一般適性診断を受診しています。 加齢に伴う判断力、各個人の長所・短所(くせ)を見出し、運行管理者がドライバーさんの安全運転に取り組めるように、適切なアドバイスを行って安全教育しております。

    安全輸送品質向上への取り組み

    事故情報の一元化と即時対応

    東伸産業では、全国で発生した物流サービス事故の情報が経営者へ速やかに報告する仕組みを構築しています。 同時に全社的に適確な対応措置が発信されます。
    事故情報を一元化することで、類似事故の未然防止を図るための予防処置も可能となります

会社案内PDF